石器文化研究関連情報:第4回大学考古学研究交流会

◆主催
 第4回大学考古学研究交流会実行委員会

◆趣旨
 大学考古学研究交流会は、大学の垣根を越えた研究交流の雰囲気を大切にしつつ、教員と学生がともに発表し、参加者が自由に論じ合う場です。
 ぜひともご参加いただき、語り合いたいと思います。

◆日時
 平成 18 年 7 月 8 日(土) 13:00〜16:45

◆会場
 東海大学湘南校舎14号館103教室
 小田急線東海大学前駅 徒歩15分

◆プログラム
13:00 開会挨拶
13:10 「旧石器時代石器群の遺物拡散に関する諸問題」
 林和広(東京大学大学院修士課程2年)
13:40 質疑応答
14:00 「朝鮮半島無文土器時代の集落遺跡 -中西部地域の駅三洞類型-」
 宮里修(早稲田大学文学学術院)
14:30 質疑応答
14:50 休憩
15:05 「西表島・網取遺跡における先史時代貝塚と近世遺跡」
 名島弥生(慶応大学大学院博士課程3年)
15:35 質疑応答
15:55 「考古学の弱体化を防ぐための提言 -旧石器捏造問題の反省と日本考古学界の現状から-」
 石川日出志(明治大学文学部)
16:25 質疑応答
16:45 閉会挨拶

◆定員
 約170名

◆参加・参加費
 当日受付:入場無料(但し当日配布資料価格500円)

◆懇親会 18:00〜

◆問い合わせ
 東海大学文学部歴史学科考古学研究室(第1研究室もしくは考古学事務室)
 Tel:0463-58-1211


関連情報一覧へ サイトトップへ このサイトへの御意見ご質問は kanrinin@sekki.jp