岩宿時代集落と食の理解へ向けての基礎的研究
−石蒸し調理実験1999〜2011から−



第1章 石蒸し調理実験 1999〜2003 
―岩宿時代の食と調理、礫加熱の諸方法と礫破損をめぐって― 

第1節 実験の方法と意図              第4節 礫加熱と破損の進行
第2節 実験の概要、温度計測・調理結果       第5節 まとめと課題
第3節 試食実験・官能検査 
  
第2章 石蒸し調理実験 2004〜2007
   ―石質別破損率、破損と使用回数、規模と調理量、ストーン・ボイリングをめぐって―
各節の構成は第1章にほぼ同じ

第3章 石蒸し調理実験 2008・2009 
―安山岩礫による石蒸し調理とストーン・ボイリングをめぐって―1)2)
各節の構成は第1章にほぼ同じ
  
第4章 石蒸し調理実験記録 2010・2011
―凝灰岩礫による石蒸し調理とストーン・ボイリングをめぐって―
各節の構成は第1章にほぼ同じ

付 載
礫群関係全国遺跡地名表及び礫群関係各種集計表



 平成24年11月30日刊 本文 約560頁 頒価 2000円(含送料)
お問い合わせ:〒604-8131 京都市中京区三条高倉(財)古代学協会
070-252-3000   FAX075−252-3001 e-mail chuji@kodaigaku.org

書籍刊行・頒布のお知らせのページへ サイトトップへ このサイトへの御意見ご質問は kanrinin@sekki.jp