第14回石器文化研究交流会ぐんま大会

このページは2012/10/31に更新されました。

 1949年(昭和24年)の相澤忠洋らの岩宿遺跡の発掘調査により、日本における旧石器研究の扉が開いてから、今年はちょうど60周年の節目にあたります。 そこで、石器文化研究会では関係機関との連携を踏まえて、群馬県での石器文化研究交流会の開催を予定しております。群馬での開催は第6回の前橋以来、2回目です。


◆主催
 石器文化研究会・第 14 回石器文化研究交流会ぐんま実行委員会
 みどり市教育委員会(予定)他(共催)

◆日時
 2009.11.21(土)13:00〜22(日)15:00

日 程

11.21(土)
12:15 開場 開場
12:20〜受付開始 受付開始
13:00〜13:15 あいさつ(麻生敏隆)
13:15〜13:45 遺跡紹介@  東京都「杉並区釜寺東遺跡」(宮下数史)
13:45〜14:15 遺跡紹介A  神奈川県「相模原市小保戸遺跡」(栗原伸好)
14:15〜14:45 遺跡紹介B  埼玉県「三芳町中東遺跡」(大久保 淳)
14:45〜15:20 休憩・資料見学
15:20〜15:50 遺跡紹介C  千葉県「柏市原山遺跡」(川端結花)
15:50〜16:20 遺跡紹介D  千葉県「流山市野谷二反田・市野谷入台遺跡」(新田浩三)
16:20〜16:50 遺跡紹介E  群馬県「伊勢崎市峯岸山遺跡」(勢藤 力)
18:30〜 懇親会
11.22(日)
 9:00〜 受付開始
 9:15〜 9:45 遺跡紹介F  群馬県「桐生市山内出B遺跡」(加部二生・阿久澤智和)
 9:45〜10:15 遺跡紹介G  山梨県「物見塚遺跡」(秋山圭子)
10:15〜10:45 遺跡紹介H  静岡県「富士石遺跡」(阿部 敬)
10:45〜11:00 休憩
研究小討論会 「関東平野北西部・赤城山麓の暗色帯上部段階−環状ブロック群衰退後の石器群・遺跡構造・遺跡分布−」
11:00 主旨説明(関口博幸)
11:05〜11:45 岩宿60周年と赤城山麓の旧石器研究史(小菅将夫)
11:45〜12:15 大間々扇状地桐原面の暗色帯上部段階の旧石器遺跡群(関口博幸)
12:15〜13:30 昼食・資料見学
13:30〜14:00 赤城山南麓地域の暗色帯上部段階(今井三騎堂・見切塚遺跡)(勢藤 力)
14:00〜14:30 赤城山西麓・利根川上流域の暗色帯上部段階(後田遺跡・房谷戸遺跡)(麻生敏隆)
14:30〜15:00 柏・流山地域の遺跡群の様相(\層〜Z層)(新田浩三・川端結花)
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:00 パネルディスカッション 司会 軽部達也 
16:00 閉会あいさつ
【紙上発表】 遺跡紹介  栃木県「伊勢崎V遺跡」(吉田 哲)
遺跡紹介  群馬県「下仁田町金剛萱遺跡」(軽部達也)

 

◆会場
 高崎市南公民館(JR高崎駅から徒歩5分)
 高崎市八島町110番地27  電話 027-324-8059 HP:http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kouminkan/minami.htm

◆申し込み
 交流会参加申し込み用メールアドレス E-Mail:gunma2009@live.jp


サイトトップへ このサイトへの御意見ご質問は kanrinin@sekki.jp