第13回石器文化研究交流会とちぎ大会

このページは2012/10/31に更新されました。

◆趣旨
 矢板市高原山黒曜石原産地遺跡群の調査成果を中心に、旧石器時代におけるその意義を検討する。矢板市教育委員会による高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会、調査成果発表会と連動して開催し、「高原山産黒曜石の開発と利用」と題した研究討論会を行ない、また関東および近県の高原山産黒曜石製石器を展示・紹介する。

◆主催
 石器文化研究会・第 13 回石器文化研究交流会とちぎ実行委員会
 矢板市教育委員会(共催)
 栃木県考古学会(後援)
 矢板市文化財愛護協会・矢板岳友会(協力)

◆日時
2008(平成20)年
 10月 18日(土) 10:30〜17:00 (高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会への参加)
  ※雨天の場合、現地説明会は中止、高原山産黒曜石製石器の資料見学・検討会を行ないます
 10月 19日(日)  9:30〜15:30 (9:30〜12:00 は高原山黒曜石原産地遺跡群調査成果発表会)

◆会場
 矢板市文化会館小ホール(高原山黒曜石原産地遺跡群調査成果発表会および第13回石器文化研究交流会)
 所在地:〒329-2165 矢板市矢板 103-1 TEL(0287)43-2212
 担当:矢板市教育委員会 生涯学習課  石川均  TEL(0287)43-6218
  ※本交流会について会場へのお問い合わせはご遠慮下さい
 交通:JR 宇都宮線「矢板」駅下車 (徒歩15分)
  ※お車でご参加の方は、矢板市文化会館小ホールに隣接する生涯学習課及び市立図書館の駐車場をご利用ください(無料)。
 18日の現地見学のバスは、生涯学習課前の駐車場より出発します。
 18日は、矢板市主催の花火大会が近隣にて開催されるため相当な混雑が予想されますので、バスによる下山後、生涯学習課経由にてホテルに直行いたします。自家用車による移動は極力おやめください。
  ※ 高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会については◎注意◎をよくお読みください

◆日程および内容
10月 18日(土)
(好天時)
高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会への参加(別紙参照)
 10:00  生涯学習館前集合
 10:30〜 出発(バス移動)
 11:30 頃 登山口(大間々駐車場)より発掘調査地へ向けて出発(徒歩)
 13:00 頃 発掘調査地着、昼食休憩
 13:30 頃 説明会
 14:00 頃 発掘調査地発、下山口(小間々駐車場)へ向けて出発(徒歩)
 15:30 頃 下山口(小間々駐車場)着、生涯学習館へ(バス移動)
 16:30 頃 生涯学習館前着、交流会参加者はそのまま懇親会場へ(バス移動)
(雨天時)
高原山産黒曜石製石器資料見学・検討会(生涯学習館2階)
 13:00〜     趣旨説明・資料の解説等
 13:15〜13:45 黒曜石産地推定分析からみた高原山産黒曜石の利用
 13:45〜     各地域の様相
 15:30〜17:30 資料検討・意見交換
(好天・雨天時とも)
 18:30〜20:30 懇親会(矢板イースタンホテル、会費5000円)

10月19日(日)
  9:00 受付開始
  9:30 開会
  高原山黒曜石原産地遺跡群調査成果発表会
   ・調査成果・概要の報告 (小野 昭)
   ・地質、岩石について  (中村洋一・布川義英)
   ・火山灰について     (鈴木毅彦)
   ・発掘調査について   (田村 隆・国武貞克)
 12:00〜13:00 昼食・資料見学会(各地の高原山産黒曜石製石器)
 13:00〜   研究討論会「高原山産黒曜石の開発と利用」
   ・趣旨説明
   ・基調報告(1) 高原山産黒曜石の分布        (芹澤清八)
   ・基調報告(2) 関東平野における石材資源の利用行動 (国武貞克)
   ・基調報告(3) 中部高地黒曜石産地の開発利用    (宮坂清)
 14:00〜   パネルディスカッション(基調報告者 3 名+小野昭、田村隆)
 15:30  閉会

◇資料見学
 10月 18日(土) 13:00〜17:30(荒天時)
 10月 19日(日)  9:00〜13:00
  ※今回は、関東各都県および新潟・長野県より、高原山産と分析された黒曜石製石器と関連資料多数が展示されます。

◆申込み・問合せ
 第 1 日目の遺跡調査現地説明会の準備・バスの手配等があります。必ず事前にお申し込みください。
 お名前・住所・電話番号・E-mail アドレスを明記の上,   第1日目・   懇親会   第2日目   お弁当の購入(第2日目のみ) 希望それぞれを○×表記して,はがき・FAX またはメールで下記の申込先までお申し込みください。なお、矢板市主催の高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会は市内在住・通勤・通学者を対象としています。それ以外の方は直接の参加申し込みができません。本交流会へ参加を申し込んで下さい。
 申し込みは、10 月 3 日までにお願いいたします。

 事前申し込みは10月3日締切りとしていましたが、

バスに余裕があるため、10/13(祝)まで受付をします。貴重な機会をご活用ください

 なお、18 日の現地説明会の参加にあたっては、バス利用代金 800 円(保険料込み)が別途必要です。

 はがき:〒183-0005 東京都府中市若松町-6-1 明治大学校地内遺跡調査団 野口淳宛
 F A X:042-363-6033(野口職場:明治大学校地内遺跡調査団)
 メール:touroku@sekki.jp(石器文化研究会:交流会参加登録用アドレス)

◆宿泊
 各自でお申し込みください。
 矢板市教育委員会のご配慮により、本交流会に参加される方は矢板イースタンホテルに割引料金(1泊 5,197 円、朝食別途 1,050 円)で宿泊できます。お申し込みの際に「石器文化研究会」と申し添え下さい。なお 10/18 は矢板市の花火大会と重なっているため宿泊施設等は混雑が予想されます。お早目の申込をお勧めします。
 矢板イースタンホテル TEL(0287)43-1511(電話申し込みのみ) 宿泊申込期限 9/20(日)
 このほかウィリー住吉(TEL(0287)43-0013)もご利用になれます。1泊 6,300 円/7,350 円/7,770 円、朝食は 700 円です。
お申し込みの際に「石器文化研究会」と申し添え下さい。申し込みは 9 月末日までです。


高原山黒曜石原産地遺跡群発掘調査現地説明会参加にあたってのご注意◎

石器文化研究会             
第13回石器文化研究交流会とちぎ実行委員会

 第 13 回石器文化研究交流会の第 1 日目は、標記説明会への参加となります。
 標記説明会は、矢板市教育委員会生涯学習課により、市内在住・通勤・通学者を対象とした「歩き・み・ふれる歴史の道」として催されます。石器文化研究交流会へ参加を申し込まれた方は、別途、標記説明会に参加することができますが、下記の事項にご留意いただけるようお願いいたします。

 安全の確保のため、必ず第 13 回石器文化研究交流会への参加申し込みをした上で、説明会にご参加下さい。
  ※事前の申し込みがない場合、当日、ご参加をお断りする場合があります。
 集合場所から登山口まではバスで移動します。バス利用料金(保険料含む)800 円が必要となります。当日、お支払い下さい。
  ※自家用車での移動は安全確保の面からご遠慮下さい。また当日は矢板市の花火大会と重なっているため、夕方以降市内各所で渋滞が予想されます。車で参加される方はあらかじめ集合場所となっている生涯学習館または隣接する市立図書館の駐車場(いずれも無料)をご利用下さい。
 説明会場までは山道を片道 1 時間半ほど歩くことになります。
  ※山歩きに適した服装、履物をご用意下さい
  ※昼食、飲み物も各自ご用意下さい
 説明会場を含めた経路はすべて国立公園内となります。
  ※「草木や石などを持ち帰らない」「ごみをちらかさない」などの国立公園内の決まりを守って下さい

 なお、当日荒天の場合は説明会は中止となります。その際は、生涯学習館 2 階で高原山産黒曜石製旧石器時代石器の資料見学・検討会を行ないます。


サイトトップへ このサイトへの御意見ご質問は kanrinin@sekki.jp