石器文化研究会 Pre-ken Official Site

お知らせ
更新 例会
石器文化交流会
シンポジウム


【 活動 】
予定 記録

刊行物
石器文化研究
交流会要旨
ご購入案内
会員書籍


【 この会 】
会則 あゆみ
ご入会

【 その他 】
催し リンク
[このサイト]

石器文化研究会 第274回例会

 2017年度12月例会の御案内
 暮れのおしせまった日ですが、みなさまには奮ってご参加ください。

 日時:2017年12月23日(祝・土) 14:00開始

 場所:東京都埋蔵文化財センター(東京都多摩市:京王・小田急多摩センター駅下車徒歩5分)
   https://www.tef.or.jp/maibun/access.jsp

 発表:佐藤悠登さん(東京都埋蔵文化財センター) 「杉久保系石器群の多様性に関する考察」
     伊藤 健(東京都埋蔵文化財センター)「武蔵野編年の新地平−砂川期の見直し−」

佐藤さんは、昨春に早稲田大学大学院を修了し、埋蔵文化財センターに就職した「若手」研究者です。杉久保系石器群をテーマに研究しています。
伊藤は、少し錆びついてしまった感じのある「武蔵野編年」を引っ張り出して、武蔵野研究者の責務として現在的意味で発展させようと考えています。今回は、砂川期の問題に取り組みます。

 参考文献:
  白井雅明 2016「神山型彫器とは何かー杉久保石器群との関わりー」
      『津南シンポジウム? 予稿集 津南段丘の杉久保石器群』pp63-72
        新潟県・津南町教育委員会・信濃川火焔街道提携協議会
  加藤 学 2016「杉久保型ナイフ形石器に関する覚書」
      『津南シンポジウム?予稿集 津南段丘の杉久保石器群』pp55-62
        新潟県・津南町教育委員会、信濃川火焔街道連携協議会
  田中英司 1979「武蔵野台地Ub期前半の石器群と砂川期に設定について」
      『神奈川考古』7 pp65−74 神奈川考古同人会
  田中英司 1984「砂川型式期石器群の研究」『考古学雑誌』69-4 pp1-33 日本考古学会
  国武貞克 2002「武蔵野台地・大宮台地の面取り尖頭器」
      『有樋尖頭器の発生・変遷・終焉』予稿集・記録集』pp31-52 千葉県房総風土記の丘
  堀 恭介 2017「面取尖頭器を所持する集団の地域行動−南関東地方武蔵野台地における事例研究−」
      『東京都埋蔵文化財センター研究論集』]]]T pp49-70 東京都埋蔵文化財センター
         事前に次の文献をお読みになっていただくと助かります。

 備考:17時頃から多摩センター駅前で忘年会を開催します。
     参加なさる方は、11月20日までに伊藤までご連絡ください。
 連絡先jpra_2003あっと(※)ac.cyberhome.ne.jp (伊藤 健)
      ※:入力時には@(半角)にしてください。

このページは2017/12/02に更新されました。